東芝、「メモやレポートなど様式に拘らず文書解析するAIシステム」で特許出願!

   

関連記事:Google、多言語にTransformerを適用した自然言語処理モデル発表【GitHub】

どんな文書の構造でも解析します!

株式会社東芝は、ニューラルネットワークを用いて、様々な構造の文書を解析できるシステムを発明しました。

背景

近年、ニューラルネットワークを用いた文書解析装置は広く知られ始めています。しかし、文書の構造には報告書やアンケートの結果、メモなどさまざまな様式が存在します。

このように、構造が異なると高い精度で文章の解析を行うことは難しい現状がありました。

そこで株式会社東芝は、様々な構造の文書を精度よく解析できるシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x