インフラ管理は、携帯電話からのリアルタイム情報で行われるようになるかもしれない(AI×製造)【論文】

   

背景)社会インフラの老朽化に対する機械学習の活用

近年、先進国では社会インフラの老朽化が急速に進んでおり、重大な事故を引き起こしています。インフラの安全性の確保のため、機械学習などのデジタル技術の活用によるメンテナンスの高度化・効率化の推進が必要です。

一方、社会インフラのメンテナンスには、膨大な費用が掛かります。そのため、スマートフォンやPCで安価で手軽に確認できるシステムの開発が求められています。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

老朽化したインフラの安全性について安価で手軽に状態検知をしたいという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。株式会社安藤・間(安藤ハザマ)のAshish Shresthaら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、スマートフォンで測定された橋の振動データを用いることで、リアルタイムの振動分類を試みたのでした。

テーマ)リアルタイムでの橋の振動検知

まずはAshish Shresthaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x