4000万人登録のゲイSNSデータをAIで分析、ゲイ男性の「うつ病」を測定(AI×社会)【論文】

   

背景)うつ病に苦しむ人々のモニタリング

男性と性行為をする男性(MSM)は、HIVやAIDSといった感染症にかかるリスクが高く、外部からの差別を理由にうつ病になるリスクも高いということがわかっています。そのため適切なメンタルヘルスを行い、早期にうつ病を治療していくことが重要です。

しかし、従来の質問用紙の回答を用いた方法では、大規模なサンプルサイズでうつ病をモニタリングするには限界がありました。そこで近年注目されているのが、SNSと機械学習を活用したオンラインでのうつ病のモニタリングです。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン上でのうつ病のモニタリングという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国にある長沙学院のYong Liら研究者の発表を紹介しましょう。

研究者らは、SNSのデータと機械学習アルゴリズムを活用することで、MSMの抗うつ感情の検出と行動分析を試みました。

テーマ)SNSデータと機械学習によるうつ病の分類とユーザの行動分析

まずはYong Liらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x