SNSにAI搭載し見つかる「薬物の有害副作用」【AI論文】

化学療法を受けている癌患者はしばしば、オンライン健康フォーラムで、薬に対する有害反応に関する言葉を共有する。
スタンフォード大学の研究者らは、これらの投稿を発掘するために自然言語処理を使用しており、臨床誌が警告を出す前に有害な副作用を正確に指摘している。

どんな研究か

Julia Ransohoff(MD)および同僚は、6月3日にJMIR Public Health and Surveillanceに発表された研究で彼らの研究を説明している。

チームは、2つのカテゴリーの化学療法薬に関連したInspire.comの患者投稿から副作用薬物反応(ADR)についての言及を集めた。

彼らは、自然言語処理で構築された信号生成パイプラインを使用して、これらの薬の言及を分析した。
それらが関連するかなりの数の患者集団に対して、有害反応を引き起こしていたかどうかを判断した。

その精度と驚きの成果

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP