Googleの研究者、音を自己教師学習する「COLA」提案【GitHub】

   

関連記事:「普段の音との違い」から異常音を見分けるAIが登場(AI×製造)【論文】

オーディオの汎用表現学習のためのアプローチが登場しました!

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

自己教師あり事前トレーニングは、教師あり問題に有益な表現を学習するためにラベルなしデータを活用するための成功した手法として登場しました。
その中でも特に有効な手法が、「識別的事前トレーニング」です。このアプローチはラベルなしデータの類似した対照的入力ペアから表現を学習し、隠れた類似要素を認識できるようにモデルを訓練します。

Google ResearchのDavid Grangierらは、音の汎用表現を学習するための対照学習フレームワークであるCOLAを提案しています。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x