「臨床現場で使いやすい」をイメージして作られた医療画像特化のAIツール登場【GitHub】

   

関連記事:医療の用語に対応した自然言語処理パッケージ「MedCAT」登場!【GitHub】

医療画像分析のためのディープラーニングツールが登場しました!

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

医療画像へのディープラーニングの活用はますます増えてきました。しかし、データセットが公開されていないことが多く、専門家の利用が制限されてしまうなど、医療画像データの処理には多くの課題があります。更に、臨床センター毎に画像特徴や人口統計的にデータが不均一であることも課題とされています。これらの課題から、既存の多くのデータを横断して、一般化したモデルを作成することが困難になっています。

NeuroPoly LabのCharley Grosらは、医療画像処理に特化したディープラーニングツールボックスであるivadomedを提案しています。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x