コーエー「ゲーム内の人間の動きを真似するAIプレイヤー」で特許出願

   

関連記事:スクエニ、ゲームキャラを操る高精度なAIを開発!ほか 最新の「AI特許」5選【週刊】

AIで世界チャンピオンと戦えるかも

株式会社コーエーテクモゲームスはアクション対戦ゲームにおいて、効率的に敵ゲームキャラクタを倒すことができるAIや、人間のプレイヤーのプレイ内容を模してゲームを操作することができるAIを開発しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

従来、プレイヤーが操作するプレイヤキャラクタと、ゲームAIにより自動的に操作される敵ゲームキャラクタとが、リアルタイムに対戦を実行するリアルタイムアクション対戦ゲームが知られています。例えば、1人でも「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「ストリートファイター」などで強さを変更できるCPUと戦うことができます。

そんな中、効率的に敵ゲームキャラクタを倒すことができるAIや、人間のプレイヤーのプレイ内容を模してゲームを操作することができるAIへのニーズがありました。

そこで、株式会社コーエーテクモゲームスはアクション対戦ゲームにおいてそのようなニーズを解決できるAIプログラムを開発しました 。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x