「3Dの物体を3D的に認識する」ディープラーニングの新領域(AI×製造)【論文】

   

背景:3次元物体認識へのトレンド

物体を3次元で認識する技術は、スマホや自動運転の発展のために普及しつつあります。例えば、LiDAR(light detection and ranging)は、レーザー光を使ったセンサーの一種で、対象物までの距離や位置、形状まで正確に検知できる技術であり、ARアプリへの応用などで注目を集めています。

これらの高精度な物体認識と形状推定を実現するためには、ディープラーニングが必要となってきます。

3次元レベルでの物体認識という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。スペインにあるアリカンテ大学のFrancisco Gomez-Donosoら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、物体の部分的な3次元ビューを入力として受け取り、正確に分類できる3次元物体認識のためのディープラーニングモデルの開発を試みたのでした。

テーマ:ディープラーニングによる三次元物体認識

まずはFrancisco Gomez-Donosoらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x