特許「AIで内出血まで発見するウェアラブルデバイス」出願が公開(米EMFIT CORP.社)

   

関連記事:クラウドに頼らない、ウェアラブル心電計測(AI×ヘルスケア)【論文】

AIで人間の命を救う!

アメリカのEMFIT CORP.社はウェアラブルセンサーを使用したヘルスケア管理システムを発明しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

医療の世界では、身体的悪化の兆候が見落とされたり、時間内に検出できなかったりそもそも検出されず患者が亡くなってしまうことがあります。その理由の一つとして専門的な医療環境が整っているときには患者ケアの強度とバイタルサインの監視頻度は高いですが、患者の自宅などの非専門的な環境だと上記の両方とも著しく低下してしまうからです。

患者の死亡を回避するためにはバイタルサインの変化による生理学的不安定性の早期発見の重要性が認識されており、非専門的なケア環境において患者のバイタルサインをよりしっかり監視するニーズが存在します。

そこで、EMFIT CORP.社はウェアラブルセンサーを使用したヘルスケア管理システムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x