セコム、「警備システムの強化にAI適用」で特許出願

   

関連記事:夜間の侵入を警告!暗くても人が見える監視システム(AI×セキュリティ)【論文】

AIで最適な警備を提供する

セコム株式会社はユーザの状況に応じて最適な警備モードを提案することのできる警備システムを発明しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

従来、住宅や事業所等の警備対象の警備を行うための警備システムとして、外出警戒モードや在宅警戒モード、在宅モードなど複数の警備モードによって監視エリアを警備するシステムが知られています。

しかし、今までは音声指示に対応するものやユーザの状況に応じて最適な警備モードを提案することは考慮されていませんでした。

そこで、セコム株式会社はユーザの状況に応じて最適な警備モードを提案することのできる警備システムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x