特許「ドローンで自動授粉を行うAI技術」が特許取得(未来科学研究所)

   

関連記事:ドローンを「GPSなしで」制御する方法(AI×ドローン)【論文】

AIで授粉作業を自動化!

一般財団法人未来科学研究所は花粉や着果剤を自動的かつ高精度に付着させることができるドローン制御システムを開発しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

従来、果樹や野菜等の様々な植物に対して花粉を人工的に雌しべに付着させる技術には、遠隔操作可能なドローンを用いて、操縦者がコントローラーで操作しながら授粉させる技術が知られています。

しかし、この技術では想像に容易いように操縦者によるドローンの手動操作が必要不可欠であり、授粉させようとする植物が多いほど、作業にかかる時間や労力が増えてしまうことや、そもそもドローンの操作自体が難しいという課題がありました。

また、従来の技術は授粉させようとする植物の生育範囲全体に渡って花粉を上方から散布しているに過ぎず、下向きに咲いた花や葉の下方で咲いた花等については特に雌しべに花粉が付着されにくく、着果ムラや収量の低下を発生させるおそれがありました。

そこで未来科学研究所は、花粉や着果剤を自動的かつ高精度に付着させることができる機械学習ベースのドローン制御システムを開発しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x