ヘルスケアでAIが巨大なインパクトを与えられる領域と、そうでもない領域

「かゆいところに手が届く」

英国は大きなパイロットプログラムを実施しており、50万人の人々が自宅で遠隔操作でAIを使用してすべての受信データを分析している。
National Health Serviceによるプログラムでは、AIがヘルスケアに最も大きな影響を与える可能性がある場所、つまり非消費者、または消費者にとって手頃な価格または便利なソリューションがない領域が強調されている。

コンサルタント会社InnosightMoni Miyashita氏とMichael Brady氏は、ハーバードビジネスレビューでこれらの新しい技術で実際に解決することができる医療課題に対処するための3つのレッスンをAIを使って行った。
Innosightはハーバードビジネススクール教授クレイ・クリステンセンによって設立された。
著者らはまた、「患者中心のヘルスケアの新しい世界」において、なぜ非消費がAIの最適な用途であるのかについても言及した。

「すでに十分便利」

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP