マイナー言語の機械翻訳をパワーアップさせるAI手法、登場【GitHub】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事:「13」もあるインド系言語に対応するAIライブラリが公開【GitHub】

自然言語処理の新しい研究方法

背景

言語の普及率は、その言語を話す人や場所に直接関係しています。その結果、自然言語処理(NLP)のコンテキストにおけるリソースの乏しい言語は、話者の出身社会におけるリソースの乏しさを反映しています。

MasakhaneのWilhelmina Nekotoらは、低リソース言語のためのNLP研究の手段を提案しています。

概要

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    ロッテノ

    投稿者の過去記事

    SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP