特許「顧客クレームを基にAIで問題を発見・解決するシステム」出願が公開(米)

   

関連記事:特許「顧客との対話を分析するAI」が公開(アクセンチュア株式会社)

アメリカの個人発明家が出願

アメリカのPablo TAPIA氏、Rafael SANCHEZ-MEJIAS氏(個人)は自動で顧客の苦情を解決するAIシステムを発明しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

現在の無線通信業において、多くの苦情診断と解決が自動化されている場合でも包括的なエンドツーエンドのビューと適切なトラブルシューティングツールがないためネットワークエンジニアは顧客の苦情の手動分析の実行に多くの時間を費やしています。

また、サブスクライバーのトラブルチケットの4分の1が未解決になる可能性があり、顧客の苦情、加入者の解約、および無線通信事業者の収益の損失につながる可能性があります。

そこで、Pablo TAPIA氏、Rafael SANCHEZ-MEJIAS氏は自動で顧客の苦情を解決するAIシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x