「AIで便利にバーチャル試着!」現場にコミットする機械学習ノート【vol.35】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エンジニアライターの小原です。

連載「現場にコミットする機械学習ノート」では、論文を詳しく読み解きながら、現場で使えるAI実装のヒントを記録していきたいと思います。

前回の記事では、「機械学習で医療不正、薬物乱用を検知!」を扱いました。

今回は、韓国のDepartment of Electronics and Communications Engineering, Kwangwoon UniversityのY. Jeongらが2020年9月(論文公開日)に発表した「AIで便利にバーチャル試着!」に関する論文を扱っていきます。

もくじ
1章 ファッション×AIの課題
2章 SEANを修正して服を着せ替え!
2.1 研究目的: AIで画像の人物に試着させたい。
2.2 研究手法: SEANを修正した
2.3 研究結果: 仮想的な服の試着に有用だった

■前回の記事:【vol.34】機械学習で医療不正、薬物乱用を検知!

1章
ファッション×AIの課題

近年、ファッション業界では新たなサービスを提供するために人工知能を導入し、ファッションデザインと人工知能を組み合わせた研究が継続的に行われています。
人工知能を使ったファッションの研究は、大きく分けて「検出」「レコメンド」「分析」「合成」の4つに分類され、マーケティング分野を中心にそれぞれ多くの利用可能性を秘めていますが、服はデザインやスタイルの変化が多いため、人工知能を応用するのは難しいです。

そこで韓国のY. Jeongらは、仮想的に試着を行う技術の開発を試みました。

2章
SEANを修正して服を着せ替え!

まずはY. Jeongらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめます。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP