AIで画像からフェンスなどの障害を除去する手法が発表【CVPR2020】

   

関連記事:障害物があっても難なく人を3Dメッシュで切り取るAI手法が登場【GitHub】

以下では、画像認識技術のトップ学会であるCVPRにおいて今年発表された論文の中でも、特に筆者が面白いと感じたものを紹介します。

状況を正確に認識するために

ガラスの反射で向こう側が見えにくいという経験は誰でもあると思います。また、雨の日の車の運転でワイパーをつけないというのは、とても危険なことです。このように見たい物体と自分の間に、何か別の物体があって、完全な遮蔽とはならないが、一部の情報を隠す、歪めるような状況は多くあります。そして、人間にとって認識しにくい状況は、多くの場合、機械にとってもそうです。

論文情報

タイトル:Learning to See Through Obstructions
著者:Yu-Lun Liu, Wei-Sheng Lai, Ming-Hsuan Yang, Yung-Yu Chuang, Jia-Bin Huang
機関・国: National Taiwan University

障害物を上手に処理したい

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP