2次元の画像に対し「光の当たり加減」変えるAI手法が公開【GitHub】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事:GANと同等の「画像ノイズ除去」AIアプローチ公開【GitHub】

照明条件を後から変更、どんなことができる?

画像の再照明は研究と実務の両方で複数のアプリケーションが存在し、最近特に関心が高まっています。

EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)のMajed El Helouらは、画像の再照明と照明推定に関する、複数のソリューションを論文およびGitHubにて紹介しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-4-2.jpg です
色温度と照明方向変更結果(図は論文より引用)

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界/カテゴリー

PAGE TOP