AIにポルノを観させ、カテゴリ分類させる実験が行われた(AI×社会)【論文】

   

背景)性の問題に科学のメスを

ポルノ(pornography)とは、猥褻な文学や絵などの性的興奮を誘発する可能性のある素材のことを指します。一般的に良いイメージのある言葉ではありませんが、ポルノ自体は様々な研究がされてきました。例えば利用頻度やポルノを視聴することによる影響、またその動機などを推定することに主眼を置き、科学的に研究が行われてきたのです。

性科学の分野ではニューラルネットワークはあまり使われていません。しかし提示された写真がどんな性的志向を持っているかを91%の精度で推定した研究や、児童の性虐待を対象に未成年を分類するといった研究も行われています。そんな中、ポルノ画像を各カテゴリに正しく分類できるかということにも注目されています。

実際にどんな研究が行われているのでしょうか。ポーランドにあるワルシャワ研究機関のWojciech Oronowicz-Jaśkowiakの発表を紹介します。

研究者は、選択された合法的なポルノ素材を分類するニューラルネットワークを構築し、今後の心理学に応用するための考察を行いました。

テーマ)ポルノ素材をカテゴリ分類

まずはWojciech Oronowicz-Jaśkowiakの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP