中国研究者、「鉄道の故障」を検知するAI技術を開発(AI×製造)【論文】

   

背景)鉄道輸送増加、安全性の確保

近年、鉄道における旅客や貨物の利用が増加しており、ヨーロッパでは、過去10年間で旅客輸送と貨物輸送がそれぞれ2倍と3倍になっています。そのため、鉄道の安全性はより一層注目されています。

分岐器は、鉄道の走行線路を分岐させ、車両の進路を選択するための機構です。鉄道輸送需要の増加に伴い、分岐器システムによる故障が発生してしまうと被害が大きくなってしまうことが考えられるため、被害を未然に防ぐ故障検知システムの開発が求められています。

鉄道用分岐器の故障を自動で検知するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国にある同済大学のDongxiu Ouら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、機械学習により分岐器の大量の監視データを学習させることで、分岐器の故障検知を試みたのでした。

テーマ)ナイーブベイズによる分岐器の故障検知

まずはDongxiu Ouらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP