特許「最適な広告を表示するAIシステム」が公開(三井住友銀行)

   

関連記事:オンライン広告の最適な最低落札価格の決め方(AI×小売)【論文】

人の興味を引く効率的な宣伝

日本の株式会社三井住友銀行は最適な広告を表示するAIシステムを開発しました。

背景

インターネット広告費は2兆1048億円と言われ、2019年にはテレビメディアを超えて、初めて首位となりました。

多くの企業がインターネット広告に注力しており、消費者もインターネット広告を目にする機会が多くなっている一方で、ユーザーに興味のないものであることも多く、広告の多くはスキップされたり、ユーザーに不快感を募らせたりすることもあり、宣伝効果としては不十分になっております。

そこで株式会社三井住友銀行は最適な広告を表示するAIシステムを開発しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

Yoshiaki iida / Engineerforce CEOChairman,President & CEO

投稿者の過去記事

Engineerforceというソフトウェアの会社でCEOをやっております。

国内大手SIer→外資系企業→会社設立

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP