メガネ製造に救いの手?レンズの微小な欠陥を検出(AI×製造)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

課題:目に見えないレンズの欠陥を検出したい

メガネは、視力矯正の目的だけでなくファッションとしても広く使用されています。眼鏡のコーティング工程における欠陥検出は、コーティング技術の複雑化やサイズの最小化により目視では困難になりつつあります。

このようなコーティング工程時におけるメガネの欠陥検出を自動化することができれば、メガネの製造工程を大幅に効率化することができるかもしれません。

コーティング工程におけるリアルタイムでの欠陥検出という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。台湾にある高雄理工大学のNgoc Tuyen Leら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、自動光学検査を応用することで、製造工程中でのメガネの欠陥検出を試みたのでした。

※今回の記事で紹介する技術は機械学習手法以外のアプローチです。いわゆるAIとよばれるモデルを学習させてアルゴリズムを作成する手段ではなく、人の手でチューニングを行う手法の紹介です。

テーマ:コーティング品質検査システムの開発

まずはNgoc Tuyen Leらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    masashi

    投稿者の過去記事

    大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP