機械学習を用いた皮膚画像解析ツールの開発(AI×医療)【論文】

   

課題:皮膚画像の数や種類が増加しても簡単に実行できるツールが必要

皮膚の内部がどのような状態かを理解するためには、複雑な構造である皮膚の内部まで詳細に観察し、考察する必要がありました。近年では効率化を目的として、皮膚の構造をAIで学習させ、コンピュータ上で再現した皮膚を3次元的に解析する技術が注目されています。

これまで様々なタイプの皮膚のイメージング技術が研究されてきましたが、皮膚画像の数や種類が増えるほど、各技術を効果的に選択し、利用するツールが必要となります。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚のイメージング技術を効率的に利用するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。イギリスにあるロンドン・サウスバンク大学のPerry Xiaoら研究者の発表を紹介しましょう。

研究者らは、現在進行中のプロジェクトであるMATLAB App Designerを使用したソフトウェアツールの開発について報告しました。

テーマ:MATLABを用いた皮膚画像分析のためのGUIツールの開発

まずはPerry Xiaoらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x