鎮静状態の患者・・・AIが寝顔をそっと見守る

顔面認識技術を使用して、集中治療室で鎮静状態の患者を監視し、患者が誤って呼吸管を外す危険性や他の危険な行動をとる危険性があるときに医療従事者に警告することができる。

研究者とその挑戦

この概念は、ICUの24人の患者の顔を対象としたカメラからの99個の画像について科学者がアルゴリズムを訓練した日本の研究で、中程度の精度(75%)で証明されだ。

この研究は、6月3日にウィーンで開催されたヨーロッパ麻酔学会の年次総会で発表された。

横浜市立大学の筆頭著者、佐藤あかね氏らは、術後患者24人の99枚の画像で自分のテクニックをテストした。

https://researchmap.jp/akanesato/ :Researchmap

会議から発表されたプレスリリースによると、彼らは顔の表情や眼球運動に関するデータを分析した後、危険度の高い腕の動きの兆候を認識するためのツールを開発した。

中等度から重度の鎮静がICUの設定では一般的であると彼らは指摘し、そしてその使用は、特に看護ユニットが最適な人員配置レベル以下で配置されている場合、患者モニタリングを困難にすることがある。

展望

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP