スポーツ選手の過去に「前十字靭帯損傷」があるのか無いのか選別するテクノロジー(AI×スポーツ)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

課題:手術後の復帰が難しい前十字靭帯損傷

アスリートの間での症例が非常に多い「前十字靭帯損傷」をご存じでしょうか。前十字靭帯は膝関節の両側にある靭帯です。通常、この損傷は自然に治癒することはないため、スポーツへ復帰するためには再建手術とリハビリが必要になります。先行研究によれば患者の80%が実際にスポーツに復帰でき、55%のみが再建手術後に競争できるレベルまで戻っています。

しかし、かなりの割合の患者が競争できるレベルまで復帰できないため、臨床医にとって前十字靭帯損傷の再建は依然として課題となっています。そこで小型で低コストのウェアラブルセンサによって再建後のアスリートを調査・管理する研究が注目されています。

再建後のアスリートの動作を調査するという課題において、実際にどんな研究が行われているのだろうか。アイルランドにある国立大学コーク校のSalvatore Tedescoら研究者の発表を紹介しましょう。

研究者らは、装着したモーションセンサで取得したデータから機械学習によって健常者と再建後のアスリートの判別を試みました。

テーマ:手術後の患者の動作を見分けられるか

まずはalvatore Tedescoらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめます。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界/カテゴリー

PAGE TOP