偽造たばこを「臭い」で機械的に識別(AI×製造)【論文】

   

課題:たばこ税の増税による犯罪の危険性

たばこの値段の約6割が税金です。近々、再び増税されることが決まっています。その一方で、たばこの高い税金により懸念されているのが、偽造たばこの製造です。

偽造たばこが出まわれば、正規のたばこの売上が減り、税収が減ってしまいます。そこで、偽造たばこを嗅ぎ分けることができる人工電子鼻の開発が注目されています。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

目視での識別が難しいブランドのたばこと偽造たばこを見分けるという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国にある河北工業大学のZhiyuan Wuら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、ポータブルで低コストの人工電子鼻システムを開発することで、たばこのブランドの識別を試みたのでした。

テーマ:人工電子鼻によるたばこのブランドの識別

まずはZhiyuan Wuらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x