顧客データからAIで定期預金の申請意欲を予測(AI×金融)【論文】

   

課題:マーケティング費用の削減を実現したい

銀行業界は、顧客情報などのデータベースをマーケティングに活用するための新しい方法を模索しています。膨大なデータ量を扱うことができる機械学習は、そのための有効な手段として考えられています。

実際、定期預金を申し込む意思がある顧客を予測することは、マーケティングにおけるの努力やマーケティング費用を削減することができます。そこで、機械学習を活用した定期預金を申請する意欲を予測する手法が期待されています。

定期預金の申請における意欲を顧客データから予測するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。ヨルダン大学のNazeeh Ghatashehら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、データの不均衡を考慮したニューラルネットワークモデルを構築することで、定期預金の申請意欲がある顧客の予測を試みたのでした。

テーマ:顧客データから意欲を測る

まずはNazeeh Ghatashehらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP