採用にAIを導入するとき、人事は何を思うか(AI×人材)【論文】

   

課題:採用担当者のAI導入に関する意向を解明する

近年、人材管理にAIを活用する組織が増加しています。採用担当者はAIに反復的で退屈なタスクを任せることができるため、従来よりも簡単に性格や適正などの情報から戦略的に採用活動に取り組むことができるようになりました。また、採用の一部を機械に任せることでスピード感のある採用が実現するため、組織と従業員の双方にメリットがあります。

米国などの先進国では既に人材確保におけるAIの研究が膨大に行われており、実際に多くの組織がAIを導入もしくは検討しています。しかし、バングラデシュなどの発展途上国ではプライバシーやメンテナンスの面から導入が懸念されているため、多くのメリットがあるにも関わらずAIの導入が非常に遅れています。

バングラデシュにおける人材採用のAI導入という課題において、実際にどんな研究が行われているんでしょうか。バングラデシュにあるチッタゴン大学のMohammad Sarwar Alamら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、バングラデシュの人事担当者が人材採用にAIを導入する際の行動意向を技術受容モデルのUTAUTを用いて検証しました。

テーマ:人事担当者が抱くAI導入に対する行動意向の検証

まずはMohammad Sarwar Alamらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP