生産ラインの「作動効率」をAIで評価する(AI×製造)【論文】

   

課題:生産ラインの効率化に向けて

製造業は、新型コロナウイルスの影響により経済的に大打撃を受けています。限られた労働力で経済活動を回復させるには、生産ラインの効率化の向上を目指した、スマートファクトリーの実現が必要です。

特に、機械の効率を高く維持することが重要であり、生産力の低下した機械にいち早く気づかなければなりません。また、その効率化の評価法の確立が求められています。

製造業における生産ラインの効率的な使用度合いの評価という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。ポーランドにあるポーランド工科大学のAnna Boruckaら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、ロジスティック回帰モデルを構築することで、生産ラインの効率的な使用度合いの評価を試みたのでした。

テーマ:「使用度合い」を評価

まずはAnna Boruckaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめましたた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP