「3Dで」自画像を作る迅速なAI手法が発表された【CVPR2020】

   

関連記事:「3D×AI」の最先端を紹介します。トップ学会に採択された論文たち【CVPR2020】

以下では、画像認識技術のトップ学会であるCVPRにおいて今年発表された論文の中でも、特に筆者が面白いと感じたものを紹介します。テーマは3Dです。

「3Dセルフポートレート」という概念

画像から、3Dモデルの生成というテーマではさまざまな研究、提案がなされており、多くの成果があります。特に人は、顔と全身という2つのテーマでの研究が盛んであり、さまざまな応用方法があります。その中でも、この論文の特徴は、よりロバストに高速(計算時間は数秒)で動作するという点で、CVPRに採用されたようです 。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP