「音声データは大事」、だがAI搭載オーディオデバイスも必要だ

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Richard Stevenson(寄稿者):
2016年にレッドボックスにCEOとして参加し、オープンプラットフォームに対する強い信念と、音声データにアクセスして制御する組織の必要性に基づいたビジョンをもたらした。
レッドボックスに入社する前、彼はStandard LifeでドイツとオーストリアのCEOとして4年間過ごし、英国、米国、南アフリカの大手ソフトウェア組織の上級管理職で25年以上の経験がある。

AIの役割がこれまで以上に増加し、価値のあるビジネスをもたらす事は疑いのないことで、将来のAI戦略を採用する事は、特にデジタル分野において競合に勝ることを目指している企業にとって非常に魅力的である。

それにもかかわらず、多くの組織は、AIおよび分析ツールを効果的に利用する立場にいない。

そのようなツールは、それらを動かすデータと同じ位強力なものである。

音声データは、ほとんどの企業が持つ最大かつ最も豊富な観察の材料であり、AIおよびMLエンジンで活用される戦略的データソースとしてますます認識されている。

しかし、企業がそれを十分に活用することを妨げるハードルがあるのだ。

AIの採用を妨げるハードル

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP