栄光か破滅か?会話型AIを企業で使うこと

寄稿者のAndy Peartは、Artificial Solutionsのチーフマーケティングおよび戦略責任者である。「テクノロジーシンク」という国際的なビジネスだ。Andyは、ITおよびAIセクターで25年以上の戦略およびマーケティングの経験を持ち、革新的で技術主導の組織の構築に成功している。

会話型AIは急速な成長を遂げるテクノロジーであり、顧客のサービス体験に革命を起こし、データインテリジェンスを大幅に向上させるものである。エンタープライズ最高投資責任者は、この没入型テクノロジーを企業全体の戦略的レベルで提供しなければ、失敗に直面することとなる。

実際、ガートナーは、2020年までには顧客サービスとサポート業務の25% がバーチャル顧客アシスタントテクノロジーとなるなど、今後10年以内に会話型AIが戦略的なビジネスに不可欠であると予測している。

力を取り戻す

多くの最高投資責任者は、複数の部門の面倒ごとに対処するための先手を打つ課題に直面している。

顧客が求める「高度な交流」を提供する会話型AIプラットフォームは、企業が拡張性を維持しつつグローバルでシステムを開発及び保守するためには、今後不可欠だ。

多くの企業がグローバルで優秀な中央局を構築している。専用チーム編成による新しいテクノロジーを活用したソリューションの協働と開発に焦点を当て、問題を解決し、生産性を向上させ、ビジネスをより強固にしたがっている。

これらの組織は、拡張性と柔軟性を備えたエンタープライズ向けの会話型AIプラットフォームを積極的に求めている。ビジネスに合わせて成長する高度なプラットフォームを。

会話型データの価値を最大化する

一見すると、会話型システムによって生成されるデータは重要では無いように見える。
しかし、この評価は重大な間違いだ。会話型AIが最先端のチャットボットに革命を起こし、会話データの取得方法や使用方法が変わっているのだ。

人は会話をする時、「自分が何を考えているか」を語る。好きなもの嫌いなもの、求めているもの、態度や個人的な視点や意見など。

もしこの情報を得られれば、そして、会話の内容を深められれば・・・。

顧客の心に入り込み、顧客の考え方を理解し、顧客に沿った製品やサービスに関する情報の提供が可能になるかもしれない。

原文

Futureproof or fail: how enterprise CIOs are delivering strategic business value with conversational AI

AI Business

Translating

PAGE TOP