栄光か破滅か?会話型AIを企業で使うこと

寄稿者のAndy Peartは、Artificial Solutionsのチーフマーケティングおよび戦略責任者である。「テクノロジーシンク」という国際的なビジネスだ。Andyは、ITおよびAIセクターで25年以上の戦略およびマーケティングの経験を持ち、革新的で技術主導の組織の構築に成功している。

会話型AIは急速な成長を遂げるテクノロジーであり、顧客のサービス体験に革命を起こし、データインテリジェンスを大幅に向上させるものである。エンタープライズ最高投資責任者は、この没入型テクノロジーを企業全体の戦略的レベルで提供しなければ、失敗に直面することとなる。

実際、ガートナーは、2020年までには顧客サービスとサポート業務の25% がバーチャル顧客アシスタントテクノロジーとなるなど、今後10年以内に会話型AIが戦略的なビジネスに不可欠であると予測している。

力を取り戻す

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP