顔認識の超解像度!ブレークスルーに刮目せよ

256ピクセルで、これほどの情報がとれるというのか。

マックス・スモラックス (寄稿者)

韓国科学技術院(KAIST)の研究者チームは、わずか16 x 16ピクセルの画像から人間の顔の詳細な肖像画を再現できるアルゴリズムを完成させたという。

このアルゴリズムは、低解像度アイコンから現実的な顔画像の再構成を扱う「超解像」領域のサブフィールドである「顔幻覚」としても知られる「顔超解像」に焦点を当てた一連の実験の最新のものだ。

KAISTチームは、(通常SRには採用されていない)プログレッシブトレーニングの進歩と、特定の場所を予測するフェイスヒートマップの巧妙な組み合わせによって、「顔超解像」への取り組みが現在のどの方法よりも正確であると主張している。以下の例をみると驚くかもしれない。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP