無人航空機で「リアルタイムに対象を把握する」アルゴリズムが開発された。(AI×ドローン)【論文】

   

無人航空機による対象物の把握が今後の私たちの生活にさらなる発展をもたらすかもしれない。
宅配ドローンの荷物配送や自動での集荷対応が年内にも実現すると言われている中、無人航空機の精密な仕事ぶりを支える技術にさらなる進歩をもたらす研究者たちがいる。

中国は広東省にある中山大学のLishan Linたちだ。

彼らの行った研究のポイントは3つだ。

✔️UAV(無人式航空機)の空間および対象物の自律的な認識方法は課題が残っている

✔️本実験のUAVシステムは正確な空間・対象物の認識に成功した。

✔️安価なオンボードコンピューターでも運搬対象の対象物を認識するためのアルゴリズムやSVRによる位置把握のサポートで対象の把握は可能となる。

それでは、詳細を見てみよう。

視覚ベースの空間認識

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP