近接センサーによる「汎用的な障害物検出」モデルが開発された(AI×製造)【論文】

   

課題:需要高まるセンシング技術を発明せよ

障害物検知は、自動運転や建設車両、移動ロボットなどで活用される注目の技術です。超音波や赤外線センサーにより周囲の物体を検知し、衝突を回避する手助けができるため、近年需要が高まっています。

センサーの感度は、障害物の形状や色、表面のテクスチャなどの特性に大きく依存します。このような障害物の検知を迅速かつ正確に行うためには、移動しながら障害物との距離を測るための自動校正機能の開発が重要になります。

周囲にある障害物との距離を素早く正確に測定するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。チリのポンティフィカルカトリック大学のGonzalo Fariasら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、2種類の近接センサーによって提供されるデータを使用して、機械学習により障害物までの距離を推定するための新しいアプローチの提案を試みたのでした。

テーマ:機械学習による障害物検知モデルの開発

まずはGonzalo Fariasらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP