モバイル決済での詐欺を人工知能で見破る(AI×金融)【論文】

   

課題:途上国で詐欺が増加

現在、発展途上国においてモバイル決済の利用が広がっています。そんな中、懸念されるのが、モバイルネットワーク経由でのなりすましにより送金を要求する「モバイルマネー詐欺」です。

この問題の解決策としては、人工知能を活用した詐欺の防止が挙げられます。実際に、Visaでは人工知能の活用で年間250億ドルの詐欺被害を防止できたと報じられております。

こうしたモバイル決済における詐欺被害の防止という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国電子科学技術大学のFrancis Effirim Botcheyら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、不正送金取引を行った際のデータを用いることで、機械学習によるモバイル決済詐欺の検出を試みたのでした。

テーマ:機械学習によるモバイル決済詐欺の防止

まずはFrancis Effirim Botcheyらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP