AI時代のプライバシー。−中国の場合−

データプライバシーに対する中国の態度は?

中国は急速に超大国になりつつある。その力は、その印象的な軍事資産、近隣のアジア諸国との外交関係、および地域への財政援助によって実証されている。

習近平国家主席の野心が、中国を、同盟国のアメリカと同等とみなされる国としての拡大を目指しているのは明らかだ。

現時点では、中国と米国は激しい貿易戦争を繰り広げている。経済紛争は、関税の急激な増加と、米国に中国最大のテクノロジー企業の1つである通信大手ファーウェイがアメリカでビジネスを行うことを禁止するよう促した「ティット・フォー・タット 」アプローチで激化している。

ファーウェイをブロックする動きは、アジアの大手通信事業者としての同社のイメージに大きな打撃を与えた。

しかし、これはまた、ファーウェイや他の中国のテクノロジー企業が、新しいシステムやビジネスへのアプローチを展開し、採用することを促すことにもつながった。

技術における優位性

過去20年間で、中国は技術製品の製造を支配するようになった。中国のハイテクへの影響力に批判的な人々は、この国を海賊行為の温床と表現している。

しかし、中国はまた、シリコンバレーと同等のサービスと製品を生産する最大かつ最も革新的なハイテク企業の産出国である。

例えば、ベンチャーキャピタル企業のクライナー・パーキンスの2018年のレポートでは、シャオミー、百度、アリババ、テンセント、チャイナモバイルなど、世界のテクノロジー企業トップ20に属する少なくとも5社が中国のソフトウェア企業である。

クライナー・パーキンス社はまた、中国のソフトウェア企業は2009年から2014年にかけて倍増したと指摘する。これとは別に、中国は毎年推定10万人のソフトウェアエンジニアを生産している。

同国の積極的な成長を考えると、米国のハイテク企業は、プライバシーとセキュリティの側面を強調しながら、中国の企業に対して批判的であり続けることが予想される。

データ保護

中国においては、データのプライバシーは、国民と政策立案者の間で国民的な会話を必要とするホットな話題だ。中国は以前から、データ保護政策を策定してきたが、その最終的な目標は、中国政府とその国民をスパイしていると非難されるアメリカのハイテク企業から中国の消費者を保護することであった。

5月、中国国家情報セキュリティー標準化技術委員会(NISSTC)は、情報セキュリティー技術、個人情報セキュリティー仕様(PI-specification)を発表した。

この改定された標準は、個人データを取り扱う事業上のルールブックであるとみなされている。中国政府は、新しいPI-specificationは、同国の既存のサイバーセキュリティー及び消費者保護法と調和して機能すると説明する。

新しいルールは、データ転送、データ匿名化、個人情報へのアクセス、個人情報のコピーまたは削除の要求、データ侵害通知、及び個人情報、そして個人情報の処理、情報明治の同意内容、個人情報のセキュリティーへの影響に関する評価等を含むデータ管理者の役割と機能をカバーする。

ハイテク企業とは別に、この基準は中国の知的財産を扱う企業も対象としている。

2019年の大きな変化

新しいデータセキュリティー法と個人データ保護法は2018年から議員の注目点であり、2019年に新しい規則が発表されると予測されている。

中国初の個人データ保護の法律を制定した学者が、EUの1995年制定のデータ保護指令に基づいて制定していることを忘れてはいけない。

政策立案者は、中国のデータセキュリティー法で行うことができる改正に焦点を当てるべきだ。

サイバーセキュリティーの分野では、複数レベルの保護システム要件とともに、変化が期待されている。規制当局はまた、データを扱う企業に「データ処理の蓄積情報」を要求することも期待されている。

他の国、特にEUで動作するデータ保護モデルは、同じ処理活動に適用可能だ。

中国で事業を展開する企業もユーザの同意を必要とするため、規制当局は政府ガードを迅速に特定する必要がある。

規制当局は、多国籍企業からの中国語に翻訳されたプライバシーとデータ保護ポリシーを要求することも重要だ。

原文

What you need to know about data privacy in China
by Elliot Rhodes 27 August 2019

AI Business

PAGE TOP