ソフトバンクビジョンファンド2は、AIへの熱狂!?

ソフトバンクの2番目のビジョンファンドは、AppleとMicrosoftの支援により1,080億ドルの資金を調達しており、AIに多額の投資を行う予定だという。

寄稿者:ケンヴィー・ランド

日本の多国籍コングロマリットであるソフトバンクグループのマルチビリオネア創業者である孫正義は、ドラマチックな才能を持っている。数年前の日本でのスペクトル紛争に不満を抱いていた彼は、総務省に宣戦布告したこともある。

そんな孫が、今見出しをさらっている。新しい大ヒットの発表で。2017年の壮大なビジョンファンドの発表、1,000億ドルをもって技術系スタートアップをターゲットにしてきた孫は、さらに凄いセカンドシリーズを打ち出した。資金調達額が1,080億ドルに膨らんでいるVision Vision IIは、その前身をコピーし、シリコンバレーの投資階層を揺さぶろうとしている。

Vision Fund IIの投資の焦点は、AIにしっかりと置かれている。東京証券取引所に提出された提出書類で、ソフトバンクは、基金の目的は「市場をリードする、技術を活用した成長企業への投資を通じてAI革命の継続的な加速を促進すること」であると述べた。

AIは孫を虜にしている。彼は誰もが認める技術愛好家であり、自称、先見の明がある。彼は300年のビジネスプランについて語り、コンピューターインテリジェンスが人間を凌駕する瞬間である「シンギュラリティ」に情熱を傾けている。あるインタビューでは、孫は2055年頃に特異性が達成されるとの考えを披露した。

Vision IIの発表をきっかけに日経アジアンレビューに語りかけ、孫はAIの大きな可能性について再び熱狂している様子を見せた。「AIはすでに学術研究の段階を過ぎており、現実世界で採用される段階にあります」と彼は言った。「そして、それは広範囲に使用されるます。10年以内にAIによって最も劇的に変化する3つの分野を挙げた場合、それらは企業のビジネスモデル、ヘルスケア、輸送です。」

マイクロソフトとアップル、そしてサウジ

ソフトバンクは、Vision Fund IIに380億ドルを投じた(最初のVision Fundは250億ドル)が、Apple、Microsoft、Foxconnなど、他のさまざまなテクノロジー企業を利用した。日本の投資銀行とカザフスタンのソブリンウェルスファンドも混在している。しかし、サウジアラビアの公共投資基金の兆候はない。同基金は最初のビジョン基金には450億ドルを投入したというのに。

これは、サウジアラビアからベンチャーを遠ざけようとする孫の意図と気づいた人はいるだろうか。サウジアラビア政府の声の批評家であるジャーナリストのジャマル・カショギの2018年の暗殺に続いて、孫はサウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマンと個人的な関係を築いた疑いでスポットライトを浴びた。トルコのイスタンブールにあるサウジアラビアの領事館で、皇太子がカショギの殺害について事前の知識を持っていたに違いないと考える人もいる。

原文

AI tops agenda of Son’s massive Vision Fund II
by Ken Wieland 6 August 2019

AI Business

PAGE TOP