ソフトバンクビジョンファンド2「AIへの熱狂」

   

ソフトバンクの2番目のビジョンファンドは、AppleとMicrosoftの支援により1,080億ドルの資金を調達しており、AIに多額の投資を行う予定だという。

寄稿者:ケンヴィー・ランド

日本の多国籍コングロマリットであるソフトバンクグループのマルチビリオネア創業者である孫正義は、ドラマチックな才能を持っている。数年前の日本でのスペクトル紛争に不満を抱いていた彼は、総務省に宣戦布告したこともある。

そんな孫が、今見出しをさらっている。新しい大ヒットの発表で。2017年の壮大なビジョンファンドの発表、1,000億ドルをもって技術系スタートアップをターゲットにしてきた孫は、さらに凄いセカンドシリーズを打ち出した。資金調達額が1,080億ドルに膨らんでいるVision Vision IIは、その前身をコピーし、シリコンバレーの投資階層を揺さぶろうとしている。

Vision Fund IIの投資の焦点は、AIにしっかりと置かれている。東京証券取引所に提出された提出書類で、ソフトバンクは、基金の目的は「市場をリードする、技術を活用した成長企業への投資を通じてAI革命の継続的な加速を促進すること」であると述べた。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP