見逃しておけない、自然言語処理AI&光学式文字認識。”コラボ”の恩恵とは!

デジタルトランスフォーメーションの中核となる理念の1つは、物理的な世界からデータを簡単に抽出し、デジタルシステムに入力する機能だ。ドキュメントイメージングテクノロジー(特にインテリジェント言語、自然言語処理(NLP)、光学文字認識(OCR)、高度な分析の側面を取り入れたもの)は、多くの組織が持っている一連のデータから下流のITシステムを理解し、次のアクションを考えるのに有効だ。

NLPおよび特定の機械学習モデルを使うと、ユーザーはドキュメントからの情報を、不正検出規制順守プロセス自動化などのさまざまなことに応用できる。その結果、単なるフリンジユースケースとは対照的に、ミッションクリティカルなワークフローにAIのファセットを埋め込むことで全体的な効率を向上させることができる。

自然言語OCR

金融サービス業界は、NLPとOCRによるインテリジェントドキュメントイメージングの恩恵をわかりやすく享受する。シティ・トレジャリー・アンド・トレード・ソリューションズのグローバル貿易責任者であるジョン・アハーンは、そのようなタンデムが、組織のビジネスラインに革命をもたらしたと説明した。

OCRテクノロジーは、ドキュメントから情報をスキャンすること。NLPは、これらのシステムがテキストの関連概念を認識できるようにすることでこのプロセスを強化する。「書類がデジタル化されたら、自然言語処理を使用して、個人や場所の固有名詞を取り除き、フィルターなどに送信する方法を検討し始めました」とAhearn氏は言う。

複数の高度な分析モデル

NLPの組み込みと高度な分析モデルの種類との間には直接的な相関関係がある。シティはこれらの文書から収集した情報を実行して、従来アナログな紙面から情報収集するスタイルであったクライアントのトランザクションについて学習した。CTOおよびCOOのOliver Schabenbergerはこのようにコメントした。「NLPは、分析に関連する概念を抽出するために不可欠な、テキスト内の複数の品詞を処理します。」

「以前まで出来なかったことの1つは、常に非常に垂直的なレベルでトランザクションを見ることでした」と、アハーンはこのユースケースで以前に実施されていた手動プロセスについて述べた。「私たちはその特定のトランザクションでデータ要素を見て、比較をして、「大丈夫そうに見えるか、そうではないか」を考えます。」

詐欺、規制への影響

また不正行為の検出、規制の順守、および取引の順守に対する影響も非常に大きい。

「輸入関税と規制のいくつかを回避して中国に高価値の自動車を販売していたと思われる国内リース会社の例がありました」とアハーンは回想する。「新しい技術は、クライアントが何をしていて、どのようにそれを行っているのかについての素晴らしいビジョンを私たちに与えてくれました。」

OCRとNLPの統合によって見つかったさまざまなトランザクション、コンプライアンスおよび取引ポリシー、およびエンティティ間でパターンを描画する機能は、シティのドキュメントイメージングプロセスに革命をもたらした。他の企業にも同じ恩恵をもたらすことができる。

寄稿者:Jelani Harper
情報技術市場にサービスを提供する編集コンサルタント。セマンティック技術、データガバナンス、および分析に焦点を当てたデータ駆動型アプリケーションに特化している。

原文

Intelligent document imaging with natural language processing and optical character recognition

AI Business

Translating

PAGE TOP