自動運転技術の発展に貢献!新しい障害物検知の手法とは【AI論文】

ノルウェー・バイオエコノミー研究所のEl Houssein Chouaib Harikら研究者は、ロボットの移動システムをより発展させるべく、LiDARとよばれる手法を用いて開発をおこなった。

その研究のポイントはこうだ。

✔️ 移動ロボットが目標地まで安全に移動するためには、障害物を感知して回避する能力が必要となる。

✔️ 当アプローチの中心的な部分は、ロボットの最適な軌道候補を生成するために、LiDARの開口角内のビームが実質的に重み付けされる新しいヘディングウェイト関数(HWF)の提案である。

✔️ このシステムの成功は、事前に周辺世界のモデルを取得できない未知の環境で発生するナビゲーション課題にとって特に重要な成功と考えられる。

では、詳細を見てみよう。

2D LiDAR

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP