「Q&Aを自動化」できる!実装を試せる「コードありAI論文」5選【週刊】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近公開された機械学習の最新論文の中から「ソースコード、事前学習済みのモデル、データセット」が与えられているホットなものを選んで紹介。実際にAIを動かして座学から抜け出そう!

バックナンバーはこちら

今週の5本ノック
1本目. NLPモデルを軽量化しよう
2本目. AIで多言語を読み上げよう
3本目. Q&Aを自動化しよう
4本目. AIに文章を理解させよう
5本目. 少ないトレーニングで画像操作しよう

NLPモデルを軽量化しよう

自然言語処理NLP)のための新たなベースモデルが登場しました!(2020年8月3日公開)

NLPモデルのBERT、XLNetなどにはTransformerというアーキテクチャが使用されています。

この論文の著者であるSachin Mehtaらは、TransformerベースのモデルであるDeLighTを提案しています。

DeLighTは従来のTransformerベースのモデルと比較してパラメータを必要とせず、パラメータを8倍、操作を2倍削減した状態でベースラインを超えるパフォーマンスを実現します。また、機械翻訳と言語モデリングタスクの実験でも、DeLighTがベースラインのトランスの性能とかなり少ないパラメータで一致していることが示されています。

実装してみよう!

AIで多言語を読み上げよう

多言語の音声読み上げモデルが登場しました!(2020年8月3日公開)

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界/カテゴリー

PAGE TOP