イタリア研究者「突然の大不況を予測する」機械学習モデルを構築(AI×経済)【論文】

   

FACTFULNESSの著者である故ハンス・ロスリングは、これからの世界で最もリスクが高い事象の一つとして「金融危機」を挙げました。

課題:不景気への迅速かつ効果的な対処法が必要

突然の大不況は我々に大きな損害をもたらします。AIでいつ景気後退が起こるのかを予測できれば、不況に備えて十分な対策がとれるようになるかもしれません。

大不況への対策としては、不景気への迅速かつ効果的な対応が重要になります。財務対策をあらかじめ調整するために、過去の経済変数を利用した景気後退の予測が期待されています。

いつ景気後退が起こるのかを予測するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。イタリアにあるメッシーナ大学のGiovanni Cicceriら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、イタリアの過去25年間の経済変数を機械学習モデルに組み込むことで、景気後退の予測を試みたのでした。

テーマ:AIによるイタリアの景気後退の予測

まずはGiovanni Cicceriらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP