AIでマスク・ソーシャルディスタンス監視、アラート発令?(新型コロナ研究)

   

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の課題に立ち向かい、AIでチャレンジしつづける研究者たちがいます。彼らの新しい研究発表は、毎日のように論文という形で発表され続けています。それらはデータベース「新型コロナウイルス関連AI論文一覧」に随時追加され、いつでも閲覧可能です。

この週刊記事では、先週データベースに追加された新たな論文をご紹介します!

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週新しく追加された論文は11件

まずは、データベースに新しく追加された論文をお知らせします。

感染拡大分析

  • 医療データを用いたCOVID-19の感染率予測のための機械学習に基づく予後予測モデル(7/23)
  • 腸内細菌叢は健康な人のCOVID-19感受性プロテオミクスバイオマーカーに対する素因の下にあるかもしれない(7/23)
  • 機械学習法を用いたCOVID-19患者の死亡率予測モデルの開発と外部評価(7/25)
  • 医療用マスク着用者のリアルタイムモニタリングのためのディープラーニングに基づく無人化アプローチ(7/26)
  • パンデミック予測のための時空間的注意力ネットワーク(実世界の証拠を用いたパンデミック予測(7/27)
  • CPAS: COVID-19のための英国の国家機械学習ベースの病院キャパシティプランニングシステム(7/28)
  • ディープラーニングを用いたCOVID-19安全ガイドライン遵守のための公共空間での安全な社会的距離とフェイスマスク検出(7/28)

診断補助

  • 診断のためのCNN分類モデル Covid19(7/25)

社会動向分析

  • 睡眠遠隔医療。他の専門分野のためのテンプレート?(7/22)
  • COVID-19発生時のフェイクニュースを自動的に分類するための機械学習の活用(7/23)

創薬補助

  • トランスクリプトームベースの包括的分子経路解析により、チオトロピウムがCOVID-19の有望な薬剤になることが予測される(7/22)

今週も感染拡大分析のトピックの論文が多く見られました。同時に創薬補助の論文も見られ始め、二次感染拡大に警戒している現実がうかがえます。その中でも今回は感染拡大防止のために個人ができることに関する論文を中心にピックアップしてみました。

【PICKUP】感染の危険が高くなるとアラームがなる?!

その中でも特に注目度の高い研究は、公共の場において感染に対する安全性を高めるために、社会的距離とフェイスマスクの着用の有無を監視カメラで判断し、危険信号を送るAIを開発した以下の研究でした。

感染拡大分析ディープラーニングを用いたCOVID-19安全ガイドライン遵守のための公共空間での安全な社会的距離とフェイスマスク検出(7/28)

研究内容

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP