製造業用AIは 2025年までに160億ドルに成長する見込み(調査レポート)

   

高まるAIニーズ

米デラウェア州において製造業で使用される人工知能は2018年には10億米ドルであったが、2025年までには160億米ドル以上に成長するとされている。この分野におけるAIや、その他のいわゆるインダストリー4.0テクノロジー(*製造業におけるオートメーション化およびデータ化・コンピュータ化を目指す技術的コンセプト)の影響を示す調査では、運用効率上昇とコスト削減が、AI導入の主な要因であるという結果が出ている。特注かつパーソナライズされた製品に対する顧客の需要は高まりつつあるが、このAI分野においても例外ではない。AIにより、製造業者はリアルタイムで急速に変化する要件に合わせて業務を調整ですることができるからだ。
(上記関連記事:https://aibusiness.com/industrial-iot-ai-hardware/)

AIの成長期待分野

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP