製造業用AIは 2025年までに160億ドルに成長する見込み。−調査レポート

高まるAIニーズ

米デラウェア州において製造業で使用される人工知能は2018年には10億米ドルであったが、2025年までには160億米ドル以上に成長するとされている。この分野におけるAIや、その他のいわゆるインダストリー4.0テクノロジー(*製造業におけるオートメーション化およびデータ化・コンピュータ化を目指す技術的コンセプト)の影響を示す調査では、運用効率上昇とコスト削減が、AI導入の主な要因であるという結果が出ている。特注かつパーソナライズされた製品に対する顧客の需要は高まりつつあるが、このAI分野においても例外ではない。AIにより、製造業者はリアルタイムで急速に変化する要件に合わせて業務を調整ですることができるからだ。
(上記関連記事:https://aibusiness.com/industrial-iot-ai-hardware/)

AIの成長期待分野

このレポートでは、以下のような重要成長分野を挙げている。

✔AIプラットフォーム
カスタマイズされたAIソリューションへのニーズの増幅が、事前に構築されたアルゴリズムと使いやすいインターフェースを提供するAIプラットフォームの成長へのニーズにも拍車をかけている。

✔GPU(画像処理装置:Graphics Processing Unit)
手頃な価格とプラットフォームソリューションにおけるパフォーマンスにより、2018年の製造市場シェアでAI使用率46%以上を占めた。

✔コンピュータービジョンソリューション
「産業用モノのインターネット(IIoT)」テクノロジーの普及と品質検査の改善により、コンピュータービジョンテクノロジーの採用は、計画期間中に45%を超える年平均成長率で成長する見込みとなっている。

✔予知メンテナンス
生産性向上をというメーカーへの圧力が高まる中、メンテナンスがコスト削減の要となっている。 機械停止により、アメリカでは年間647億ドル以上の損失が出ているため、AIを活用した予測メンテナンスソリューションは年平均成長率44%を上げるだろうと予測されている。

✔医薬品
膨大な量のデータを有する製薬業界は、AI製造市場シェアの8%以上を占めている。製薬会社は、バイオテクノロジー製造とプロセス開発の効率化をAIに期待している。

また、このレポートでは、人件費の上昇と自動車メーカーへの投資によって市場成長が進んでいる欧州製造業界で使用されるAIが、予測期間中に44%成長するとしている。

GMのフルレポートはこちら

原文

AI in manufacturing to grow $16bn by 2025

AI Business

Translating

PAGE TOP