繊細で形もバラバラなリンゴの包装をAIで自動化(AI×製造)【論文】

   

AIは、生き物特有の個体差に対応できるのでしょうか。

課題:繊細な果物の包装を自動化したい

AIの進歩やIoTの導入により、工場での作業の自動化が進んでいます。食品の包装も自動化され、省人化や効率化に貢献していますが、果物の包装はまだ自動化が進み切っていません。

特にリンゴのような果物は、形のバリエーションが豊富で、繊細な扱いが必要です。果物の細かい形や向きを正確に読み取ることができれば、果物の包装の自動化も可能になるかもしれません。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

繊細な扱いが必要な果物における包装の自動化という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。ドイツにあるブレーメン大学のLino Antoni Gieferら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、AIにより果物の正確な位置や向きを把握することで、果物の包装の自動化を試みたのでした。

テーマ:AIによる果物の包装の自動化

まずはLino Antoni Gieferらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめます。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x