NVIDIAのオープンソース・ディープラーニングがAI革命を推進!

NVIDIAのディープラーニングソフトウェア製品のディレクターであるKari Ann Briskiに迫った。サンフランシスコに本拠を置くKariは、研究者や企業顧客と協力して、ディープラーニングの利点をアプリケーションにもたらしている。

Kari Ann Briski

ディープラーニングは、コンピュータービジョン、画像認識、音声認識、自動運転車からの多くのビッグデータの問題を解決するために適用されている。深層学習は、さらに多くの病気を治し、スマートシティを構築し、分析に革命をもたらす大きな可能性がある。現在、19,000社以上の企業がディープラーニングを使用して機能を変革している。 インタビューで、Kariは、NVIDIAが提供するさまざまなフレームワークとソリューションでAI革命をどのように推進しているかを明らかにしていった。

NVIDIA Corporationは、1993年にカリフォルニア州サンタクララに設立されたアメリカのテクノロジー企業だ。3次元(3D)グラフィックプロセッサと関連ソフトウェアの設計、開発、販売を行っている。彼らは、1999年にGeForce 256を販売したとき、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を普及させたことで知られるようになった。科学者は、GPUがビデオゲームで画像をレンダリングできるのと同じ処理能力が、ディープラーニング(人工知能とコグニティブコンピューティングで使用される高度な機械学習技術)に必要な数の計算に理想的であることを発見した。今日、NVIDIAのGPU(ごく最近ではVolta)は、AIのいくつかの主要な進歩の基礎を築いた。ディープラーニング用のGPUは、世界中のデスクトップ、ノートブック、サーバー、スーパーコンピューター、およびAmazon、IBM、Microsoft、Googleのクラウドサービスで利用できる。

AIへのアクセシビリティとは

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP