「特徴量が多い時に計算量の少ない手法は?」AIクイズ100【第99問】

   

クイズに答えながらAIの基礎知識を学べる「AIクイズ100」。100日間、1日1問のクイズにチャレンジながら、AIに詳しくなりましょう!(クイズ一覧はこちら

第99問

以下の選択肢から、特徴量が多いとき最も計算量の少ない手法を1つ選んでください。

A.バッチ勾配降下法
 
B.ミニバッチ勾配降下法
 
C.確率的勾配降下法
 
D.正規方程式
 
E.AdaBoost

答え

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP