お盆ラッシュで需要?高速道路の舗装状態をAIで自動評価(AI×都市)【論文】

   

未来の車は空を飛んでいるかもしれませんが、現時点ではまだまだ道路が必要です。道路のメンテナンスにAIがどのように活躍できるかを見てみましょう。

課題:道路の舗装状態の検査を自動化したい

道路を長年安全に使い続けるためには定期的な舗装が必要です。舗装とは、道路の耐久性を増すためにコンクリートやアスファルトでその表面を固める作業です。舗装は年々耐久性が落ちてくるため、状態を検査する必要があり、これは舗装状態指標(PCI)により評価されています。

PCIの簡単な検査は、手動で実際に目視で確認することですが、安全性や時間がかかりすぎるといった問題点が生じます。そのため、PCIを自動で検査でき、正確に評価できる手法の開発が求められています。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

舗装状態の検査における自動化システムの構築という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。イランにあるシャーウッド工科大学のNader Karballaeezadehら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、舗装表面のたわみの測定データに基づいて機械学習モデルを構築することで、PCIの予測を試みました。

テーマ:舗装状態指数を機械学習を用いて予測する

まずはNader Karballaeezadehらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x