災害時、AI搭載の無人航空機で人間を救う!【AI論文】

大規模な自然災害などの緊急事態において危機に瀕している人間を救済する手段は、まだまだ十分とは言えない。

無人航空機を使用してその問題を解決するべく、ギリシャのデモクリトス大学のEleftherios Lygourasら研究者は、ディープラーニング技術を組み合わせて無人航空機が上空から人間の姿を検出できるようにした。

その研究のポイントはこうだ。

✔️ディープラーニング技術を備えたリアルタイムのコンピュータービジョンを備えた無人航空機(UAV)は、深刻な状況にある人間を検索するために使用される。

✔️「YOLO」は、自律コンピューティングマシンで実行されるディープラーニングを使用したオープンソースの最先端オブジェクト検出システムだ。

✔️無人航空機(UAV)は、高度と風に応じて救済措置を判断して行うことができる。

では、詳細を見てみよう。

時間の制約

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP