“人間の専門知識とアルゴリズムを組み合わせる”Alegion、1200万ドルの資金調達を実施

データの品質は依然としてAIプロジェクトが直面する最大の課題の1つだ。アメリカのデータラベリングスタートアップAlegionは、RHS Investmentsが主導するシリーズAの資金調達ラウンドで1200万ドルを調達した。

同社は、巧妙なアルゴリズムと人間の専門知識を組み合わせて、機械学習プロジェクトで使用するデータセットを準備している。そのうえで、Alegionは、アクティブラーニングの拡張にお金を使うと述べた。これにより、退屈で反復的なデータラベル付けタスクに費やされる人間の時間を最小限に抑えることが可能となる予定だ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP