無人航空機が地上の樹木を監視する【AI論文】

   

世の中の樹木には、法律的に保護された種類がある。だが、予め知識がなければ保護された樹木とそうでない樹木を見分けることは難しい。樹木ひとつひとつに印をつけることもできないし、保護された種類は数多く、中には保護されていない樹木と区別できない場合もある。

そこでブラジルにあるマト・グロッソ・ド・スル国立大学のAnderson Aparecido dos Santosら研究者は、無人航空機の撮影機能を用いて、法律的に保護された樹木をマップとすることを試みた。その際、ディープラーニングが有用だったようだ。

その研究のポイントはこうだ。

✔️無人航空機(UAV)は、種を保存するためのデータ収集に使用でき、経済発展と自然保護に不可欠だ。

✔️画像から得られるデータが、オブジェクト検出方法の3つの畳み込みニューラルネットワークCNN、ディープラーニング)で使用される。

✔️392枚の画像データセットの結果よりRetinaNetは最も正確な結果を達成し、平均精度92.64%(処理時間67ミリ秒)、YOLOv3は最速(処理時間26ミリ秒)、高速R-CNNは最低精度だった。

では、詳しく見てみよう。

RGB画像の研究応用

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP